ビタミンC誘導体の仕組み|洗顔後の肌を保湿する化粧品やコスメの役に立つ情報が満載
花のイラスト

美容なんでも情報局

ビタミンC誘導体の効果はその仕組みにあった

ビタミンCの効果とは

ビタミンC誘導体は、肌へビタミンCを効率的に浸透させる成分です。では、ビタミンCは肌へどのような効果を及ぼしてくれるのでしょうか。ビタミンCの肌への効果をランキング形式で見てみましょう。

ビタミンCがよく効く肌の悩みベスト3

no.1

シワ・たるみ

ビタミンCが解消してくれる肌の悩み第一位がシワやたるみです。ビタミンCは、コラーゲンの生成を促す効果があります。このコラーゲンが肌の弾力、ハリにつながり結果的にシワやたるみを解消させます。

no.2

シミ・くすみ

次に期待できる効果がシミ・くすみの解消です。ビタミンCには、メラニン色素を還元したりメラニン色素ができるのを防いでくれる効果があります。この効果が、シミやくすみを予防し、解消してくれます。

no.3

ニキビ

ビタミンCが解消してくれる肌の悩みがニキビです。ニキビは、顔の油が余分に出ることで発生しやすくなります。ビタミンCには、その顔の脂である皮脂の余分な発生を抑える効果があります。他にも炎症にも効果的なので、ニキビの解消だけではなく悪化も抑えてくれます。

ビタミンC誘導体の仕組み

女性

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは肌を若々しく保ち、肌の悩みを解決するために非常に重要な成分です。そのため、ビタミンC配合の化粧水などは多くの人に人気です。しかし、ビタミンCは、肌に浸透しにくい性質を持っています。そのため、ビタミンCそのものを化粧液として肌に塗っても効果は期待できないのです。この問題を解決するためにできた成分がビタミンC誘導体です。

ビタミンCに化合物をくっつける

ビタミンC誘導体は、水溶性で肌に浸透しにくいビタミンCを効果的に肌に浸透させるために化合物をくっつけた成分のことをいいます。代表的な化合物にはリン酸基が挙げられます。このビタミンC誘導体のおかげで、肌の上からでもビタミンCを吸収させることが可能になりました。化粧水でもビタミンC誘導体は有効な成分として多く使われるようになりました。

ビタミンC誘導体自体は効果がない

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCと化合物をくっつけたものでこのビタミンC誘導体自体が肌に効果があるわけではありません。ビタミンC誘導体が肌の中へ浸透し、ビタミンCにくっついていた化合物が消えることで、ビタミンCが活躍するようになっているのです。